男の人

屋上の防水を防いで家を守る術|適切な方法を知ろう

  1. ホーム
  2. 防水工事を依頼しましょう

防水工事を依頼しましょう

一軒家

天井に輪ジミができている場合は雨漏りの可能性が高くなります。屋内へと侵入した雨水は防水シートの上をたどって柱や壁に吸収されます。その吸収された水が天井などに輪ジミを作る原因です。屋内に侵入した水は簡単には乾燥しません。雨漏り場所からはカビやバクテリアなどが発生して急速に家屋を劣化させます。そのため雨漏りが見つかった際はすぐに対処する必要があるのです。建築から年数がたっている住宅で雨漏りが生じる場合は、コンクリートが劣化している場合や外壁塗装に細かなクラックが生じている可能性が考えられます。このようなケースの場合はクラックが生じている場所やコンクリートが劣化している場所を特定して再塗装することで効果的に対処できます。また外壁部分や窓の周辺はコーキングで防水している場合もありますが、このコーキングも経年劣化によって破断することがあります。

雨漏りを防ぐためには定期的に防水対策をすることが大切です。外壁の塗装は汚れや紫外線から建築材を守る役割を果たしているほか、雨水の浸透を防ぐ役割も果たしています。この外壁の塗装は20年もたてば劣化が目立つようになってきます。見た目にはほとんど問題がないように思えても、細かく観察すれば小さなクラックなどが無数にできているので定期的な補修工事が必要となります。またベランダのコンクリート部分などに施している塗装にも注意が必要です。コンクリート部分の塗装も施工から10年もすれば効果が薄れてしまうので、雨水などがコンクリート内部へと浸透しやすくなってしまいます。コンクリート内部へと浸透した水は屋内へも流れ込みやすいので、施工から年数がたっている場合は再塗装の工事が必要となります。マイホームの建築から年数がたっている場合や天井に輪ジミを見つけた場合は、塗装業者に相談して防水対策工事を行うようにしましょう。